リフォームを依頼する前に

リフォームを依頼する前に下記の項目を読んでいただき、実践してもらうとより効率的で失敗の少 ないリフォームが出来るかと思いますので、是非ご覧ください。
※分からない点がありましたら、当社にお電話いただくかメールにて質問していただければ、お応えいたしますので、どうぞご遠慮なくご相談ください。

 

ご家族の現状を改めて把握しなおす。

リフォームを具体的に考える前に、住まいと家族の現在の状況をしっかり把握しましょう。その際、将来増えるであろう同居者やペットも、想定しておくと完璧です。

今の住まいの不便な点、不満な点をまとめる

日々の暮らしの中で、特に不便に感じるところや不満などをまとめてみてください。水廻りを中心に考えていくといいかもしれません。

どのように改善したいか家族の希望をまとめる

いざリフォームをはじめると「あそこも!ここも!」と欲張ってしまいがちです。本当に今必要な工事は何か、将来のライフスタイルの変化も踏まえて家族会議をしてみましょう。

条例・法律の制約をわかる範囲で調べる

戸建住宅の場合…地域によっては、10m2をこえる増築には確認申請だったり、確認申請の必要がない場合でも、建ペイ率・容積率・斜線・外装材・内装材などが建築基準法に適合していない場合は違法建築になったりするので注意が必要です。

マンションの場合…「専有部分」と「共有部分」がありますので、リフォームを依頼する前に必ず管理組合規約をチェックし、管理組合に確認を取りましょう。プランが決定してからも、管理組合の許可をもらってから工事をはじめます。

工事中の生活について話し合う

住みながら出来ないリフォームの場合、どこかのホテルで過ごすのか、ウィークリーマンションを借りるのか、親戚の家に泊めてもらうのかなどを予め話し合っておいてください。意外と皆さん忘れがちで直前でバタバタされている方がたまにいらっしゃいます。

おおまかな予算と資金計画をたてる

おおまかな予算が決まれば、その中で、改善点に優先順位を付けて決めていけます。